2016年06月28日

妖鬼の思い出

こんばんは、増吉です。
今回は妖鬼の思い出を振り返ります。


シキガミ
アマヌマ峠、およびactで頻繁に登場した悪魔。
実装直後のアマヌマ峠はイヌガミが好戦的な上、
シキガミが一体しか出現しないため、再配置まで
イヌガミの攻撃に耐えないといけないという
困った仕様でした。

アズミ
ナカノでおなじみの悪魔。
ゲームによっておばさん口調だったり
偉人系だったりと色々でした。

コッパテング
スーパーアーマー系が実装されるまで難敵だった悪魔。
待機状態の場合、ラピッド、ダッジ、カウンターの
どの行動か判別がつかないため、じっとされると
倒すのに手間取る悪魔でした。
なお、アマドなどのスーパーアーマーが実装された後は
接近してスピンで十分でした。

モムノフ
イチ銀などに出現する悪魔。
御魂合体後は自爆・ラッシュ高揚が追加されるため、
バイナルストライクを使いこなせる悪魔の一体でした。

トゥルダク
肉銅などに出現する悪魔。
Chaos系では珍しく初期にハマを持っています。

オニ
ウエノなどに出現する悪魔。
イベントNPCとしてお笑い担当を
見事に勤め上げました。
また、オンギョウキプラグインのために
四属性無効を修得したオニを作成する必要がありました。

カラステング
ウエノなどに出現する悪魔。
アタックを持っているので積極的に殴りに来るため、
コッパテングの待機状態に比べてやりやすい相手でした。

ヨモツイクサ
シナ銅新月などに出現する悪魔。

ヤクシャ
イチ金ビシャモンテンの取り巻き。
槍欲しさに周回を重ねたので
コロナカノンなどを連射する彼らには
あまりよい思い出がありません。

シキオウジ
actで出現する悪魔。
actのボス限定だった未熟シキオウジは
ムドオンを早くに修得する悪魔だったため、
新しい物好きの人たちは交渉する為に
あえてactを繰り返していました。

キンキ
三鬼のうち、電撃無効を修得する悪魔。
物理に強く、衝撃に特に弱く、
魔力精神神経に弱い防御相性はやりやすい相手でした。
また、亜種は電撃相性のラッシュを修得しました。

スイキ
三鬼のうち、氷結無効を修得する悪魔。
ラグの店実装前は煌くアエローかこいつしか
氷結無効を修得しなかったため、オンギョウキプラグインの
関門のうちの一つでした。

フウキ
三鬼のうち、衝撃無効を修得する悪魔。
とはいえ、衝撃無効はジンがもっと低いレベルで修得するため、
オンギョウキプラグインのために育てる人はいませんでした。

オンギョウキ
イチ金NPCから一定時間ごとにもらえるアイテムを使って
三鬼をシンジュクで召喚し、それぞれのドロップアイテムを
調合して召喚して低確率でプラグインアイテムが拾える、という
なかなか面倒な手順を必要とした悪魔でした。
手間の分、物理無効という優秀な防御相性に加えて、
木っ端微塵切りなどの珍しいスキルを修得しました。


次回は幽鬼の思い出を振り返ります。
posted by 増吉 at 19:24| Comment(0) | TrackBack(0) | IMAGINE後夜祭
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/175858013

この記事へのトラックバック