2016年07月02日

悪魔全書のあれこれ

こんばんは、増吉です。
今回は悪魔全書について、色々と話をしたいと思います。

3Dモデルを回転させて悪魔絵師のデザインを
あますところなく堪能できる全書システムは
実装された悪魔の総数320体の今作において
魅力的なコンテンツだったと思います。
完全ではないとはいえ、
モーションを指定することもできました。

全書で見ることができなかったモーションの一部については
まじょさんがアイモーション集を一部編纂していたので
興味のある方はリンクにある「あくまといっしょ」からどうぞ。

では本題に入ります。
全書といえば解説が彩りを添えていました。
とはいえ、スタンスの変化か、はたまた担当者の交代か、
悪魔によってその内容方針はまちまち。

例えば、解説文が一番短い悪魔と言えば、

20160702a.jpg

オセ・ハレルのこの一文。
フラロウスとは字数の差で勝ち(?)ました。
後に示すアリスやフォルネウスのように
今作内での役割とか、別作品でのこととかを
触れてあげればよかったのに、と思います。


逆に長い解説は改行の関係で一位を決めることが
できませんでした。

20160702b.jpg

20160702c.jpg

20160702d.jpg

LNC別にフォルトゥナ、ホクトセイクン、アザゼルです。
いずれも読み応えのある内容となっています。


続いて今作での役割を書いたのがこちら。

20160702f.jpg

ガンガーです。
龍神の項でも書きましたが、
合体素材として重宝って
堂々と書いてよいものなのでしょうか。


別作品での役割を書いたものもあります。

20160702g.jpg

フォルネウスです。
衛生病院の件は真3の序盤のイベントですね。
石のセットボーナスになる程度に
今作でもデカラビアとの関係が
強調されていました。


そして、最後に今作でのイベントの
流れまで網羅したのがこちら。

20160702e.jpg

永遠のアイドル、アリスです。
真1での破局から初登場時のイベントの概略、
今作におけるアリスとは何か、までを網羅していますが、
イ素実装までに間が空いていたので、
初登場イベントに参加していない人には
ただの独自設定と思われているのではないでしょうか。
その初登場イベントも、日数の割に要求されるアイテムが膨大で、
IMAGINEバランスの悪しき面が見え隠れしていたのですが、
すべてが終わった今となっては駆けずり回った日々も
よい思い出です。


では、これにてIMAGINEの記事は終了したいと思います。
IMAGINEロス回避を兼ねた思い出語りだったのですが
いかがだったでしょうか。

このブログは残す方向で考えているので
何事も起きない限りはずっと残ると思います。
例の噂は耳に入っているので
メガテンオンライン2(仮)には期待しています。
いつか、発表された際にはこのブログでの反省を活かして
体系的なブログにしたいと思います。
折角カテゴリが作成できるのに、日記、が大半を占めるのは
過去の記事を探すときに不便ですからね。

それでは、メガテンオンライン2(仮)が来る日を信じて
お休みの間、悪魔に肉体を乗っ取られぬよう
お気をつけて・・・
posted by 増吉 at 17:26| Comment(4) | TrackBack(0) | 悪魔全書登録

2016年07月01日

仲魔にならずに終わった悪魔の思い出

こんばんは、増吉です。
今回は、仲魔にならずに終わった悪魔について
振り返ります。


ブラフマン
特徴「リグ・ヴェーダ」に名前が出ただけの魔神。
ブラフマンの3Dモデルといえば
DDSAT2のブラフマンしかいないので
実装されるならオリジナルモデルか機関車ブラフマンでしょう。

スクナヒコナ
CoCに登場し、後にカテドラルのレア敵となった悪魔。
CoCが順当に進んだのなら仲魔にできたのではないでしょうか。
オオナムチの石の効果にも名前が残っていたので
CoCさえ順当に実装されていたら、と
思わずにはいられません。

アバドン
周年イベントに登場し、異界バベルに常設された悪魔。
レア報酬の鉄檻と首飾りはなぜかUWGの景品に
なってしまいました。
高低差のある場所で戦うと分かるのですが、
地面の下に肩まで設定されているため、
仲魔化したら階段での処理が愉快なことになるか
仲魔のときは首だけにされるかのどちらかでしょう。

アルシエル
シンジュクUWGのボスとして登場した悪魔。
専用スキル「ソルニゲル」は真3のボスとして
登場したときより対処が厄介になっていました。
イベント時は火力の問題でエストマしか対処法が
なかったのですが、
常設時にはインフレしたので詠唱中に
倒せるだけの火力を得ていました。
アルシエルに肩が設定されていたのかは永遠の謎になりました。


というわけで、今回で悪魔の思い出は終了です。
次回は、悪魔全書の話をします。
posted by 増吉 at 20:30| Comment(0) | TrackBack(0) | IMAGINE後夜祭